Go! 九州!~大人目線ver.~

=====================================
人気ブログランキングへ


一日一回、
上のロゴを1クリックしていただくとポイントが入りランキングが上がっていきます。
応援いただけたらとてもうれしいです!



不在にもかかわらず、応援ありがとうございました!
子供も無事新学年を迎えたので、また家作り頑張ります。
=====================================

この記事では「大人目線バージョンで」


とは言っても、
雑貨屋さん・・・
cafe・・・
とは無縁です。
これは我が家にとっては、
「私目線」になってしまいますので・・(悲)
またいつか友達と気兼ねなくリベンジします。






=============

博多駅で乗り換えまでの時間があったので、
博多デイトス内、博多めん街道にて
九州グルメ第一弾はとんこつラーメン。


旦那と長男は替え玉で軽く2杯。


=============
ゆふDXに乗って博多⇒湯布院へ。
お昼は子供プランということで別府温泉の砂湯にしましたが、
夜はのんびり念願の湯布院温泉で。


天気が非常によくて、
部屋からの由布岳の景色がすばらしかったです。


d0017232_842533.jpg

菜の花・桜に由布岳。
写真を撮るおすすめスポットですよ・・と仲居さんに教えてもらいました。
・・とはいえ、携帯カメラですが。



すばらしい景色は本当にリフレッシュできます。


=============

2日目、人吉に向かう際、
「久留米」を通ったので、
そういえば・・・
フミヤの熱狂的なファンの友達から前日メールをもらっていたのを思い出して、
驚かせてやろうと「今、久留米」
と返事をすると、
久留米と聞いて興奮した感じのメールが速攻返ってきました。


>私、十数年前久留米を訪れて、
>フミヤの実家で夕ご飯をいただいたのよ~


・・・こっちがひっくり返るわ(笑)


話は戻って、
人吉到着。
「餃子」で腹ごしらえ。
九州の餃子と言えば実家がよく「ぎょうざの丸岡」を通販するのを
分けてもらっていたので、
九州グルメ=ぎょうざというのは違和感ありませんが、
私的には人吉餃子が抜群に好きな味でした。
大半野菜でニンニク少なめもしくはナシ。
胃にもたれない。
旦那は普段の「酢&しょうゆ」ではない
ちょっと甘めのタレに絶賛していました。



d0017232_982945.jpg

ぎょうざと聞いて急ぎ足の長男



まずお昼は「茶びん」さん(食べログより)
5人前!と注文すると
「大きいから3人前でもいいよ」とアドバイスされて3人前に変更。
ガッツリとニラで、そこから豚ロースの脂身がじわっと・・(旨)
旦那・長男・次男の手にかかれば3人前はやはりあっというまで、
結局2人前追加。
1つ1つすべてお店での手包み。
地元の方に愛されている
とてもアットホームなお店でした。


で・・
ラフティングの後は、
やはり温泉。


華まき温泉」(MAPPLE観光ガイドより)
田んぼの中にポツンとありました。
かけ流しの温泉。
大人300円。
うれしい温泉です。


炭酸泉で体を動かさずにいると、
泡がまとわりついてきます。
トロンとしたぬるめのお湯。
シャワーから出るお湯も温泉。
口コミでは「リンスがいらない」と書いてあったのでチャレンジしてみたら、
確かに髪が乾いてもパサパサになりませんでした。



人吉餃子は次いつ食べられるかわからないから・・と
もう1軒気になっていたまたも「ぎょうざ」へ。


思いつきの店」(食べログより)


茶びんさんとは同じぎょうざでもジャンルが違うという感じ。
大変美味でした。
甲乙つけがたい。


こちらも年配のご夫婦が黙々とぎょうざを包んで焼いています。
持ち帰りの人が多くカウンターに焼かれたぎょうざがどんどん並んでいく中、
気長に待ちます。
運よく30分程で出してもらえました。


さっき出ていった地元のご夫婦にならって、
お皿もコップもカウンターへ戻し、
テーブルを拭いて店を出ました。
どうやらセルフサービスは暗黙の了解のようです。


ごちそうさま!
と元気に暖簾をくぐって出た矢先、


「オマエ・・金、はろたか?」


!!!


慌てて店に戻りました。


「大人目線」としては
「人吉餃子紀行」と言っても過言ではない九州の思い出になりました。


=============

3日目。
阿蘇を下りてきた後、
急いで高森町まで走り、
地鶏料理検索でヒットした


d0017232_851328.jpg

調べてないと絶対これない場所でした・・「らくだ山



地鶏の弾力は噛み切れないので、人数分のハサミを用意してくれています。
細かく切って、焦げ目をつけてからいただくと香ばしくておいしかったです。



こちらはしっかりとしたしょうゆと生姜のタレでいただきます。
これはこれでおいしかったですが、
私は「宮崎の元祖炭火焼」の方がどちらかいえば好きです。
地鶏卵にアワご飯の「卵がけご飯」が最高でした。


これで「miriツアーズ」企画の九州旅行も終了。
私が立てる計画はかなりハードなのが、
たまにきずなんですけどね(恥)
九州に行ったら・・で、
行きたいお店は山ほどありますが、
一人、もしくは友達とのお楽しみということで♪
結局大人目線では「温泉」と「グルメ」となってしまいました。


ま、でも子供が喜ぶ旅で、
実際子供が喜んでくれたら
それは同時に親も喜ぶ旅になったのでそれはそれでヨシです。
by blue_blue_step | 2010-04-09 09:51 | ■出かける

セルフリフォームとオバフォーライフの記録


by blue_blue_step