キッチンコンロ上の壁タイルを。。。

壁ってやっぱり面積が大きい分、
リフォームするとグンと明るさが変わりますね。

今回のリフォレポートはコンロ上の壁タイル。
これは7月くらいにリフォが完了していました。
あまりにも馴染んだので写真を撮り忘れていましたネ。

リフォ前の壁はこんな感じ。
d0017232_10335730.jpg

黄色いタイルもかわいかったんだけどね。

タイル選び、ターさん(ダンナ)の意見がガツンと入りまくりました。
本当はリビングのレンガ壁みたいなブリック系にしたかった。

私「油はタイルにしみこんでいくから、いつでもサラサラらしいよ。1級建築士の人がテレビで言ってたヨ」
タ「!!!オレも1級建築士や(怒)なんでおまえはいつも他人のことばっかり信じて、
オレの言うことは聞いてくれへんねん!!それはさておき、汚れて色変わったらどないすんねん」
私「それは~っ!『味』として受け止めていくんやん!!(熱弁)」
タ「いや、汚れは汚れや。あかん。断固拒否!」

なんでぇぇ~~(泣)

それからブリックを使った実例の写真を見せて説得したんだけどダメでした。

諦めて、次の素材を探そうといろいろ見てたんだけど、
1枚数十円のものでも面積が広がると結構な予算。
ターさんは、とにかく「掃除が楽・清潔に保てる」
それだけが主張らしい。


このピンクベージュのタイルに黄色は少し違和感がありました。
なので今回は調和を取る為にも強く「白」を主張。
じゃあ汚れが簡単に取れる性能のあるもので考えよう。
でも予算が。。と言っていたところに・・・

タ「現場が今タイルを扱う業者が入ってきたから、オレにまかせとけ♪だいたいのおまえの希望の雰囲気だけ教えてくれ。」

嫌な予感。。。。

「ツヤのある白の長方形のタイルをウマ貼りでお願いします。」
と、伝えました。

ウマ貼り→→レンガのようにずらして貼っていく方法
ちなみに目地を一直線に揃えて貼るのを「イモ貼り」っていうんだそうです。
またこれから業者にリフォームをお願いしたり、専門の方に材料を説明するときなんかに
使ってみてください。
伝わりやすいと思います。

数日後、ターさんが東京から帰ってくる前に、先に材料が宅急便で届きました。

ワクワクして開けました。

!?こ、これは!!!

なんかどこかで見たことある。
どこって言えないけど、なんかそこらじゅうで目にしてるような気がする。。。

私「届いたんやけど。。。なんかシートタイルになってるやん」
タ「な、ええやろ?ホンマは外壁用やねん」

どうりで。
マンションとか地下鉄とかの壁で見たことあるワケだ。

一枚一枚貼っていくのは難しいし手間がかかるから、
ウマ貼り状のものがシートになった白の長方形タイルでした。
これだと、汚れもつきにくく、メンテもしやすいことで採用したそう。

多少の不安を抱えつつ。。。せっせと作業にとりかかり、
完成はコレです。
d0017232_11274527.jpg


満足感はあります。コスト面でもメンテナンスのことを考えても
その辺はターさんはさすがだな、と感謝してます。
でも。。ちょっとだけ私が想像していたものとニュアンスが違いました。
それはなんだろう????と考えると、
ちょっと目地幅が広いこと、かな。
ホンマにマンションの壁みたいに見えるんやもん(笑)

でもね、2ヶ月以上たって実際掃除など生活面を受け入れて考えてみると
確かに楽だし、見慣れてくると案外カワイイ。
またしてもターさんマジック。

この部分のリフォームをお考えでちょっと素材やコストで悩んでいたら、「外壁用タイル」にも
注目してみてくださいね。

今日はかなり長文になりましたねぇ。それだけ書きたい「想い」が強いリフォームでした。
読んでくださった方ありがとうございました。
最後によかったら押して帰ってくださいね→→人気blogランキングへ
by blue_blue_step | 2005-09-05 23:47 | ┣キッチン

自宅リフォームのインテリアとイロイロ


by blue_blue_step