大規模模様替え vol.22 (アトリエ引き戸 塗装 1.)

==========================
只今、ヤフオク出品中!
↓↓↓
a_wardrobe_cabinet
==========================

“グレー”という色を考えます。

2009年の10月のブログにグレー塗装についての記事が。
ただの薄グレーではちょっと無機質すぎるかな?と思い、
“ブルーグレー希望!”と思って塗ってみたら
好みからして「ブルー」は全くいらなかったという事を書いてました。

その頃グレーに塗ったのはこちら
d0017232_1717384.jpg

今、どうにかしたい巨大なアンティーク風のシェルフ
自作です。

画像で見るとただのグレーですが
実際はブルーにも見えなくはないです。
ペンキの缶にはブルーグレーと書いてありますから、
なんら間違ってはいませんw

======================
今回アトリエの扉をグレーにしたく、
先日いろいろ塗ったのでペンキの「白」が余っており、
ミルキーホワイトでも、
アッシュホワイトでも
アイボリーホワイトでもなく、
「白」だったので、
こうなったらフツーに思いつく
黒の小さな缶を買ってきました。

白に微量の黒を混ぜて、
すごく好みの「薄グレー」ができたので早速扉に塗ってみました。

数時間後、外出先から帰って見てみると・・・

d0017232_17234133.jpg

薄水色・・・・?

(わかりやすくする為、写真のコントラストを濃く加工してあります)

長男が帰ってきたので直感で何色?と聞くと
「灰色・・・・・ん?水色?・・」

次男が帰ってきたので同じく

「青」

どうも黒が少なすぎると水色寄りになるようです。
光の当たり方、白い部屋・・いろいろな原因はあるとは思いますが。

薄水色の疑惑を少しでも持つと、ホントに水色にしか見えなくなり、
早速残った薄グレーのペンキにもう少し黒を混ぜて塗ってみました。

d0017232_17283621.jpg

グレーになりました

こちらもコントラストを濃くしてあります。

d0017232_17571815.jpg

並べてみます・・・
わかんねーー(笑)


いや、実際はホント「薄水色」から「薄グレー」になってます。
というか・・・もう少し薄いのがいいんだけど。

<実験の結果>
薄グレーがいい!と思っても、黒をケチりすぎてはダメです。


入居10年目の大規模な模様替えキロク 2013年
vol.21へ ◆◆◆◆ vol.23へ→



いつもご訪問&応援クリックをありがとうございます
今回も「読んだよ」のしるしに下の2つのバナー(画像)を押していただけると、
更新の励みにつながります。
ご協力よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ
にほんブログ村
ご協力ありがとうございます!

by blue_blue_step | 2014-01-23 17:45 | ┣1階和室(寝室からアトリエへ)

自宅リフォームのインテリアとイロイロ


by blue_blue_step