準備してみよう!

d0017232_8361983.jpg

今年こそは・・・・



2010年4月の末週のどこかの平日。
木曜日からGWが始まるので、それまでに(笑)
まずは週1ペースで。


これだけを目処にして、
2階のギャラリー化の準備をします。


手ごろな雑貨もあるだろうし、
古道具もあるだろう。
なにより、
自分の活動を通して出会った、
貴重な人たちの素敵な手作りを並べたい。
そこに自分のもドサクサに紛れ込ませて、
「リアルcomforture」の実現!(笑)


スタイルや基本概念などは持たず、
自分のアンテナ1本だけを頼りにして。
その1本の筋さえしっかりしておればそれなりに形になるんじゃないか?と
思いついた事をどんどんやっていこうと決めました。
だからたいした事はできないデス。
それでもいいヨと言って下さる方とのんびりと始めていきマス。


おぉ・・・・・・(汗)


文末の「・・・と思います」を除くと、
大変な文章になってしまいました(笑)


でも、『こうでなきゃならない』と思ってしまう私が
「・・と思います」の中途半端で閉じると、
完璧に仕上げられない事を何かの言い訳にして逃げ出しそうで。


・・・。


本当はすわり心地のいいソファを4脚集めたら・・・
というちょっと可笑しなスタートポイントがあったんデス。
そーゆーとこが私の変なクセで
悪いところでもあり、
いいところでもあり。
そんなの、始めた時にゆっくり見つけて集めていけばいいじゃん。
「○○がなければ・・」という、
物から入ってしまう悪いクセ。
やめよ~っと。


でもそういう部分もあるから、
乗り越えてこられた事もたくさんあったので、
決して悪い事ではないのかな。
「いい塩梅」っていうのがナカナカ難しいですネ。


ひとまず、2階専用の1脚だけ揃えてみました。
1階のプチリビングと同じ雰囲気のストライプの北欧チェア。
その前にあるコーヒーテーブルは先日1階のプチリビングにと
先日のお出かけで、kimidoriさんで購入したもの。
これはコンパクトで軽いので、
その都度持ち運んだら全く問題なし。


ひとまずカリモクのモケットチェアを持って上がって、
仮に2脚置いてみたら・・・
こ、これはっ・・・・!?
4脚おけねーよ(笑)
自分の「理想の妄想」だけで物事を考えるのはやめておきましょう(笑)


雑貨屋さんのようであって、
サロンのようにくつろいでもらえる・・
キッズスペースはなくなってしまいましたが、
もちろんお子様もご一緒に。
おもちゃは捨てずに残してありますので、
結構たくさんありますヨ。
男の子寄りなものばかりですけど・・・(ゴメンナサイ)


最初から思ったことをダラダラ書いて、
結局なんのこっちゃわからん発表になってしまいました。
これじゃあ誰も来てくれんだろう・・・・(汗)


なにより「家」でやる事なので、
しかも靴を脱いで上がってもらう話なので、
こちらからお願いするルールなどを
この2ヶ月足らずの間に考えて、
ちょこちょこお知らせしていきますネ。





============
オープンに向けた資金はそんなにないので、
とりあえずは用意できる分から・・・
でも・・・
結構溜め込んだ在庫はあるんです(恥)
リスのほっぺたのように。
まずはその在庫処分市から・・・?


まずは一番に旧友Mリンに打ち明けました。
一番応援してくれているという事は間違いないので。


そして先日オークション用に分けた服も並べてみてもいい?
と相談したところ
「うんうん」と。
もしよかったらお店が休みの日には手伝いに来てよ。
と頼んだところ、
「うんうん」と。
結局「OK!」なのか
「そんな事やるのね」という理解だけのウナズキなのか、
未だわからないまま、
別の話で盛り上がってしまい、
また次会った時にゴリ押ししとこ。



・・・ま、そんなフリマ的な事もきっと楽しいだろう!
彼女のスキルとセンスは、
そんなフリマ的なものでも素敵なモノにしてくれると思うのは間違いない。
そんな彼女の手伝いをアテにしたら、
スタートは「月曜日」かな。
そうなると・・・4月26日・・・
ん?ん?・・・・どうだろう(笑)






===================
昨年も同じような事を言ってました。


ただ去年は綴ってから突然
自分の趣味をのんびりやってる場合ではない状況になってしまい、
なんの言い訳もなしに流してしまいました。


その後、秋にプライベートな出来事を日記にして、
やらなかった事をなんとかご理解いただけたかと思いますが、
明かすまではきっと
「オオカミが来るぞ~!」と少年が叫び続けた状態でしたよね。
もしも、楽しみにして下さっていた方がおられたら
大変申し訳ございませんでした。


それと・・・
私が今回勇気が出たのは、
友人からアドバイスと、
週1回ayaちゃんのお店「garm」でお手伝いさせていただいている時に、
私の存在を知ってくださっている方からのうれしいお言葉。
1つ1つの言葉が私の力と勇気になって、
普段お目にかかれるワケではないけど、
私の発信しているちっぽけなブログを見て、
私の細々とした活動を気にしてくださって、
そんな画面と画面を通してしかおつきあいができない人からも
こんなに支えられているんだと思うと、
なんだか頑張れそうな気がしてきました。
お店で充分なお礼が言えていない気がするので、
この場から心よりお礼申し上げます。
======================
by blue_blue_step | 2010-03-04 10:24

セルフリフォームとオバフォーライフの記録


by blue_blue_step
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31